バッグの防水性

先日、デイキャンプをしていたときに雨に降られちゃったんです。
でもその時はそんなに長居するつもりもなかったので、タープとかテントも張ってなかったんですよね。
だから荷物も濡れてしまいました。

リュックの中にはiPadも入っていて心配だったのですが、結果、全然大丈夫でした。

その時背負っていたリュックはChekaだったんですが、コーデュラバリスティックナイロンとターポリンが雨から守ってくれたようですね。さすがです。

それぞれ生地にはいいとこがあるんですが、例えば帆布や普通の布、薄いナイロンだったらやっぱり強い雨のときは浸水してしまうと思います。
気に入ってても天気予報次第で使えないのは悲しいですね。

Furahaは防水性の高い素材を使用してバッグを作っています。
体は濡れたら拭けばいいけど、精密機械はアウトですからね。
バリスティックナイロン、ターポリン、今後はエアーバリスティックやX−Pacも使用するつもりです。

Furahaの新しいカバンも楽しみにしていてくださいね。

関連記事

  1. ボディバッグの生地選び
  2. Cheka(チェカ)を全色購入してくれた方の話
  3. フロントポケット内の防水性について
  4. 次作は中国工場で作ります!
  5. ウェットスーツ素材(ネオプレンゴム)って?
  6. マリーゴールド
  7. コーデュラエアーバリスティックについて
  8. Cheka(チェカ)が支援者さんに届きました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP