YKKのファスナー

洋服やカバンのファスナーですが、YKKという会社のファスナーが世界一のシェアを誇っています。
実はこのYKK、日本の企業なんです。

ファスナーはアメリカで開発され、実用化されました。
当時有名だったのがタロンというアメリカの企業です。

タロンは生産性向上の努力を怠ったため価格が高く、そしてリスクを嫌ったため海外輸出をしませんでした。
日本の一企業であったYKKは、生産スピードと品質を高めるために機械を開発し、そして海外進出をしました。

この差が今の明暗を分けたのです。

今では日本の企業YKKは世界市場シェア40%を誇ります。
素晴らしいですよね。

カバン職人さんに聞くと、やはりYKKのファスナーは丈夫だそうです。
カバンで最初に壊れるのはファスナーが最も多いんです。
ファスナーのムシと呼ばれる部分を支えているテープが破れてしまうんですが、YKKはここが丈夫なんだそうです。

だからファスナーが壊れにくい、すなわちカバンが壊れにくいんです。

もちろんFurahaのChekaにはYKKのファスナーを使用しています。
材料代は他のファスナーの3倍ぐらい高いんですけどね^^

関連記事

  1. ボディバッグの生地選び
  2. Cheka Day 打ち合わせ
  3. ターポリンについて
  4. ウェットスーツ素材(ネオプレンゴム)って?
  5. マリーゴールド
  6. ChekaMiniのサンプル Olive完成しました
  7. 次作の構想👜
  8. コーデュラナイロンとポリエステル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP