ネオプレンゴムの防水性

昨日は伊豆にダイビングに行ってきました。

今は1月ですから気温も水温も低い時期で、海に入るときはドライスーツを着ます。
通常ウェットスーツは水着の上に着ますが、ドライスーツはなんと普段着の上から着れるんです。

上はロンT、下はスウェットでドライスーツを着て海に潜ってきました。
今日は水深20Mちょっと潜って陸に上がりましたが、当たり前なんですがロンTもスウェットも濡れてないんですよね。すごいです。

<ウェットスーツ素材って?>の記事でもお話しした通り、ウェットスーツやドライスーツの素材はネオプレンゴムといって、デュポン社の商品ですよね。

この完全防水の素材で完全防水のカバンを作るのも面白そうですよね。
もちろんファスナーもYKKの止水ファスナーです。

よくある完全防水のカバンは雨の日やマリンスポーツにはいいけど普段使いはしづらいですよね。
ポケットも少ないし通気性もないし。

将来、台風の日もマリンスポーツのときも、普段使いもしやすい完全防水カバンを作ってみたいですね^^

関連記事

  1. Cheka Day 打ち合わせ
  2. コーデュラエアーバリスティックについて
  3. 防弾チョッキ素材って?
  4. ボディバッグの生地選び
  5. ボディバッグ(Cheka mini)2ndサンプル
  6. ボディバッグ(Cheka mini)の1stサンプルです
  7. YKKのファスナー
  8. フロントポケット内の防水性について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP